診療時間

かかとの痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝目覚めて立ち上がった時の1歩目がかかと、足底部が痛い
  • 歩いているとかかと周辺が痛い
  • かかと周辺を押すと痛い
  • イスから立ち上がって歩き出しが痛い
  • 立ち仕事をしていると痛くなる
  • 走りはじめて少し経つとかかと、足の裏が痛い

心斎橋筋北商店街にあるあさひ整骨院にはこのような症状でお悩みの方が多く来られます。
「そのうち良くなるだろう」とそのまま症状を放置していて、どんどん症状がひどくなってから来られる方もいらっしゃいます。
部活をしている学生やよく歩いている方に多く見受けられます。

かかとに痛みを感じたら、我慢せずはやめにあさひ整骨院へご相談ください。早期施術が早期改善への近道です。

なぜそのかかとの痛みが発生するのか?|あさひ整骨院 心斎橋南院

かかと周辺の痛みで一番考えられるのが足底腱膜炎です。足底腱膜とはかかとから足の指の付け根まで伸びている腱膜の事で土踏まずを支え、足への衝撃を軽減してくれるクッションの働きもあり重要な役割であります。

この足底腱膜が何らかの原因で過度な負荷がかかる事や機能が低下する事で足底腱膜に炎症が起こります。仕事や家事で立つ事が多い方、歩く事が多い方、ゴルフ、マラソン、テニスなどスポーツをする方に足底腱膜炎はみられます。原因の多くは姿勢や身体の使い方が悪いか筋力の低下により足底腱膜にストレスがかかりいためます。

その他、

  • 靴が合っていない

  • 扁平足

  • 筋力低下

  • 足底部の使い過ぎ

  • 過体重

これらもかかとの痛みの原因となります。

かかとの痛みを放置するとどのようなリスクがあるか?|あさひ整骨院 心斎橋南院

痛みを我慢して放っておくと足底腱膜が固くなり変性し治りにくくなります。また慢性化するとかかとの骨に骨棘と言うトゲができる事もあります。足底腱膜炎は我慢して放っておくと手術が適応になる場合もある為早めに対処する事をおすすめします。

かかとの痛みの施術法|あさひ整骨院 心斎橋南院

あさひ整骨院では先ずは痛みが出ている所に炎症があるのかを確認します。

炎症とは腫れや熱感がある事です。炎症が起こっていなくても痛みが出る場合もありますのでどこに原因があるかを鑑別する必要があります。炎症を起こしている場合は炎症と痛みを抑える目的でハイボルト(電気)療法を行います。

また、姿勢や身体の使い方が原因で足底に負担がかかって痛みが出ている場合は矯正で整えます。あさひ整骨院は心斎橋にあり、オフィス街の本町も近くデスクワークなどで姿勢が崩れている方がとても多いです。全身の姿勢写真をとり、足首、骨盤、肩、頭の位置が一直線上にあるか?つまりゴールデンラインに沿っているかを確認し、必要な個所の矯正を行います。

また骨を正しい位置に戻しても、それを支える筋力が低下(特にインナーマッスル)しているとやはり姿勢やバランスを崩してしまいます。その場合はインナーマッスルを鍛えて強化をしていきます。

足は二足歩行の人間にとって唯一の地面との接地点です。さらにかかとはより体重がのり負荷がかかります。

少し休んだり、もんだりすると一時的に血流がよくなり痛みがやわらぎますが、それは一時しのぎです。あなたのかかとの痛みの根本原因から対処をすることが、痛みを繰り返さないカラダづくりの第一歩です。

あさひ整骨院は心斎橋駅から徒歩3分♪また土日祝もオープンしていてどなたでも通いやすい院です。

このページをご覧になっている方は痛みを我慢していることでしょう。ぜひ一度LINEもしくはお電話からご相談ください。

あさひ整骨院は心斎橋・本町のみなさんの痛みがでにくいカラダづくり、健康づくりを通じて、あなたの幸せづくりに貢献します。施術スタッフは全員カラダに関する国家資格を持っています。マッサージでない、しっかりとした施術を受けてみてください。

お問い合わせ

  • あさひ整骨院 心斎橋院
  • LINE

診療時間

住所
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目6-22 2F
アクセス
心斎橋駅から徒歩3分