診療時間

肋間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 体制を変えると胸が痛い
  • 肋骨に沿って痛い
  • くしゃみすると痛い
  • 深呼吸すると痛い
  • 押したりすると痛い
  • 重いものを持ち上げると痛い
  • 横になって寝れない

もしかするとそれは「肋間神経痛」かもしれません!

肋間神経痛とは?|あさひ整骨院 心斎橋南院

肋間神経痛とは、胸の神経がなんらかの障害を受けて痛みを感じる症状のことを言います。

さまざまな原因がありますが主な原因は「帯状疱疹」(たいじょうほうしん)によって引き起こされることが多いです。また、明らかな原因がわからないものもあり、このような場合は「特発性肋間神経痛」と分類されます。

痛みは胸だけではなく、背中やわき腹、時には足まで痛むことがあります。施術は原因を特定しそれに合わせる必要があります。

症状は人によって様々で、痛む場所や痛みの強さ、頻度は異なりますが主に「肋骨わき腹、みぞおち、背中」などに症状が出ます。また肋間神経痛は様々な原因によって発症しますが、場合によっては「がん」や、「胸椎の圧迫骨折」などによって痛みが出ることがあるため、鑑別がとても重要になります。当院でも疑わしい場合は念のため近くの整形外科を紹介いたしますのでご安心ください。

場合によっては手術が必要にあるときもあります。

肋間神経痛の原因|あさひ整骨院 心斎橋南院

肋間神経痛の原因は主に次の3つに分けられます。

①発性肋間神経痛

胸椎椎間板ヘルニアなどの背骨自体の変形や不自然な姿勢をとった際、また運動不足や疲労などにより神経が骨や筋肉に挟まれ締め付けられることで発症します。

左右のどちらかに鋭い痛みや「呼吸ができないほどの強い痛み」が現れるものが特徴です。

②続発性肋間神経痛

水痘、帯状疱疹(すいとう、たいじょうほうしん)ウイルスが原因で発症します。

初めて水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)ウイルスに感染した時には水疱瘡(みずぼうそう)となりますが、改善した後も神経にウイルスが潜んでいる(潜伏感染)ことがあり、ストレス・疲労が原因で免疫機能が低下した際に、皮膚に赤い湿疹ができ、痛みを引き起こす事があります。

続発性の痛みは、「ピリピリ」「ジクジク」とした痛みが皮膚の表面に現れます。

③特発性肋間神経痛

原因が①でも②でもなく、原因はわからないが肋間神経痛の症状がみられるときはこちらに分類されます。

肋間神経痛の施術法|あさひ整骨院 心斎橋南院

大阪市中央区にあるあさひ整骨院心斎橋院では痛みの原因を明確にする為にカウンセリングでは日常生活、お仕事、今困っていることなどのお話を伺います。そして、なぜ痛みが出ているのかを見つけるため全身の姿勢や動作の確認を行い、お身体を元の健康な状態へと改善していきます。

まずは、痛みを和らげる施術を行います。神経の興奮を抑えるために特別な電気機器などを用いて、施術を行ない、痛み和らげます。同時になぜ痛みが出たのか、その原因はなにかを探っていきます。

次に、関節の可動域を確認します。背骨の歪みや姿勢不良で肋間神経痛を引き起こす場合があるので姿勢の分析、動作の分析を行います。

次に、筋肉の確認です。

筋肉のなかでも特にインナーマッスルを重要視しています。最近よく耳にする「インナーマッスル」ですが、正しい姿勢をキープするために非常に大切な役割を担っています。あさひ整骨院心斎橋院は独自の施術方法、最新機器をつかったトレーニングを行い、インナーマッスルをつかえるようにし、正しい身体のバランスを取れるよう施術していきます。

最後に身体の使い方をみていきます。普段どのように体を使っているのか、日常生活や仕事などの動作を詳しくみて、体を正しく使うことができるようにアドバイスをさせて頂いております。

免疫機能に対しては、鍼灸施術を行い身体にかかるストレスや疲れを和らげまず。そして元々人間に備わっている免疫機能の働きを助け、身体の中から改善していきます。

肋間神経痛は放置せず、しっかりとした施術が必要です。違和感や少しの痛みでも有れば是非ご相談を!

あさひ整骨院心斎橋院では女性スタッフもいるのでお子様がいらっしゃる方や、ママさんも安心して施術を受けることができます。

症状を長期化させない為にも是非ご相談ください!

お待ちしております♪

お問い合わせ

  • あさひ整骨院 心斎橋院
  • LINE

診療時間

住所
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目6-22 2F
アクセス
心斎橋駅から徒歩3分