診療時間

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰やお尻に痛みやシビレがある
  • 休み休みでないと脚の痛みやシビレで歩けない
  • 体を後ろに反る態勢が辛いが、前に屈んだり座ったりすると楽になる
  • 歩くのは辛いが、自転車には乗ることができる

このような症状が見られたら、「脊柱管狭窄症」かもしれません。

脊柱管狭窄症とは?|あさひ整骨院 心斎橋南院

脊柱管狭窄症とは背骨の中の神経が通る「脊柱管」が狭くなってしまう病気のことです。原因の多くは、加齢に伴う骨や組織の変形により、神経が圧迫され症状が現れます。50歳代から徐々に増え始め、60〜70歳代に多く見られます。

この病気は、腰痛はそれほど強くなく、歩いたり、背筋を伸ばして立ったりすることで脊柱管が狭くなり、下肢の痺れ、足のもつれなどが生じます。しかし、しばらく前屈みになって休むと、症状がおさまり、また歩けるようになるのが特徴です。少しした距離しか歩けない。休み休みだと歩けるというのがこの症状です。

この症状を放っておくと、排尿、排便の障害が生じ、手術が必要になることもあります。だからこそ、「歳のせいかな?」と放っておくのでなく、早期改善が必要になります。

脊柱管狭窄症の原因|あさひ整骨院 心斎橋南院

加齢による骨や組織の変形による、神経の圧迫により脊柱管狭窄症の症状が引き起こされると述べました。しかし、それだけでしょうか?もちろん、こちらが主な原因となります。では、一定の歳になった人は全員脊柱管狭窄症になるのか?いいえ、違います。つまり、加齢が引き金とはなっていますが、他にも原因はあるのです。

あさひ整骨院心斎橋院ではそれを日常生活での姿勢、身体の使い方、癖、筋力だと考えています。日常生活での癖、例えば足をくむ、体の片側に体重をかけるなどが、姿勢を歪ませ、筋肉を低下させてしまいます。これらはすべて背骨、腰へダメージを与えます。腰椎への負担を減らすには、歪んだ位置にある骨を本来の正しい位置に調整し、それを支えるために筋肉をつける必要があります。

その筋肉とは「インナーマッスル」です。インナーマッスルとはいわゆる体幹などのことを指し、主に姿勢を維持するための筋肉で、何をするにも使っている重要な筋肉です。しかし、この筋肉も20歳をピークに年々減少していきます。普段から運動をしていない人や、元々筋肉量が少ない女性などは通常よりも早いペースで筋力が低下します。

加齢以外の原因として、今までの姿勢不良や運動不足が原因となり、脊柱管狭窄症の症状がでるのを助長していると考えられるのです。

脊柱管狭窄症の施術法|あさひ整骨院 心斎橋南院

心斎橋にあるあさひ整骨院が行う脊柱管狭窄症の施術法は、姿勢と筋力にアプローチします。なぜならば、脊柱管狭窄症で変形した腰椎はどのような方法でも元には戻らないからです。変形したものを戻すことが不可能であるならば、変形した腰椎への負担を減らすことや、神経への血流が良くなるように施術をしていくことが大切です。それにより、痛みやシビレが改善されます。

あさひ整骨院独自の検査方法とインナーマッスルに対し、独自の施術方法、トレーニング方法を行なっています。

まずは、あなたの腰、痺れの症状は何が負担となっているのか?を特定します。

そのための検査機器として、「ハイボルト」という電気療法を使います。こちらは多くのスポーツ選手にも愛用されている機器です。通常の電気療法は痛みの出ている部位に電気を流しますが、こちらは痛みを引き起こしてしまっている筋肉を特定できます。電気療法ができない方は、手技や鍼灸で代用いたしますので、ご安心ください。

検査の段階で原因をはっきり見つけ、その原因に対して施術、アプローチをしていきます。

まずは痛みを良くしていきましょう!

腰椎に負担をかけている多くの原因は筋肉にあります。痛みがある段階では、検査で用いたハイボルトを使用し、深い部分の筋肉へアプローチしていきます。

さらに、原因となる筋肉がなぜ悪くなってしまったのか?根本的原因を突き詰めていくと、

  • ・筋肉量の低下

  • ・筋肉が上手く使えていない

  • ・骨格の歪み

  • ・自律神経の乱れ

このような根本原因が出てくる方もいます。

あなたの体の状態に合わせて適切な施術をご提案いたします。

骨の歪みや自律神経の流れを改善するための全身矯正や、その骨を良い状態で支えるために筋力トレーニングなど、痛みが再発しない理想の身体になれるようにしていきます。

ホームケアの指導

施術の時間は日常生活のうち、ほんの僅かな時間です。次の施術までどのように過ごすかが早期改善のポイントです。ストレッチや寝方、骨盤ベルトの巻き方などをご指導させていただきます。さらにLINEにて個別にホームケアの仕方の動画や文章をお送りし、早期改善のお手伝いをいたします。

脊柱管狭窄症かな?と心当たりのある方は、一度あさひ整骨院へご相談ください♪

お問い合わせ

  • あさひ整骨院 心斎橋院
  • LINE

診療時間

住所
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目6-22 2F
アクセス
心斎橋駅から徒歩3分